So-net無料ブログ作成

Valotte / Julian Lennon(1984) [The Beatles]

Valotte

Valotte

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Virgin VIP
  • 発売日: 1997/03/13
  • メディア: CD

 



2007年に1度書いた記事なのですが、もっと多くの方の目に触れて欲しいと思い、再編集しました。
今後もこのスタイルは時折出していきたいと思ってます。

今日、ピックアップしたのは…

ジュリアン・レノン…

セカンドネームが語る通り、あのビートルズのメンバーだったジョン・レノンの息子になります。

「Valotte」は1984年、20歳でデビューしたジュリアン・レノンのデビュー作です。
全編に流れるピアノの音色が美しいバラード曲で、当時、一聴したときから、今も大好きなナンバーのひとつです。


歌詞の内容は愛する二人の不変の愛を歌っているように思えますが、実のところは父ジョン・レノンへの思慕が強く感じられるのです…


Valotteとはフランスにある町の名前です。ジュリアンはこの町で1stアルバムの曲作りを行いました。そこにタイトルが由来しているのでしょう。


世界的大スターを父にもつジュリアン。しかし、彼の幼少期は不遇なものでした。1963年に父ジョン、母シンシアの間に生を受けたものの、時はビートルズがまさに大ブレイク直前で、シンシアとジュリアンの存在は秘密でした。ジュリアンは多感な時期に後にシンシアと別れ、オノ・ヨーコと再婚した父ジョンと会えたのは数える位しか無かったといいます。
(ビートルズの代表曲「ヘイ・ジュード」のジュードはジュリアンの愛称でポール・マッカートニーが彼を慰めるために作った歌というのは有名です。)

Sitting on the doorstep of the house I can't afford,
まだ納得いかずに玄関前のステップに佇んでいる
I can feel you there
きみはまだそこにいるんだって
Thinking of a reason, well, it's really not very hard
なぜなんだって考えてみたけど そんなに難しいことじゃない
to love you even though you nearly lost my heart
ぼくはやっぱりきみを愛し続けたいんだ
How can I explain the meaning of our love?
ぼくたちの気持ちをどう表したらいいんだ
It fits so tight, closer than a glove
しっくりくるんだ 手袋をはめたときの感じよりもね

(※)
Sitting on a pebble by the river playing guitar
川岸にある小石に腰掛けながらギターを爪弾いている
Wond'ring if we're really ever gonna get that far
ぼくらの気持ちは本当に遠く離れてしまったのかな
Do you know there's something wrong?
いや きっとそれは違う
'Cause I've felt it all along
ボクのココが違うってずっと言っているんだ

I can see your face in the mirrors of my mind
きみの表情はぼくの心の鏡に映し出されたようだ
Will you still be there?
きっとまだここにいるんだ
We're really not so clever as we seem to think we are
ボクらは自分たちが思っているほどうまくやれていたわけじゃない
We've always got our troubles so we solve them in the bar
いつもケンカをしては お酒を呑みながら 仲直りしてきた
As the days go by, we seem to drift apart
でもやはり日々が過ぎるにつれ お互いの間に距離を感じ始めてきた
If I could only find a way to keep hold of your heart
きみの心をつなぎとめる一番の特効薬が見つかればいいのになぁ

(※Repeat)

Sitting in the valley as I watch the sun go down
谷間に腰掛け 太陽が沈んでいくのをじっと見つめている
I can see you there.
やっぱり感じる きみがそこにいるのを
Thinking of a reason, well, it's really not very hard
なぜなんだろう そうさ 簡単なことなんだ
to love you even though you nearly lost my heart
ボクはきみを愛しているから きみがボクの心に気づかなくても
When will we know when the change is gonna come?
いつかは分かってくれる日が来るのかな
I've got a good feeling and it's coming from the sun
ボクは太陽がきっと大丈夫さって 背中を押してくれる気がするんだ

Sitting on a pebble by the river playing guitar
川岸にある小石に腰掛けながらギターを爪弾いている
Wond'ring if we're really ever gonna get that far
ぼくらの気持ちは本当に遠く離れてしまったのか
Do you know there's something wrong
いやそんなはずはない
We'll stick together 'cause we're strong
ボクらは互いが考えている上にしっかりと結びついているんだから



上記の歌詞の中にある下記の部分はこうも読めるのかなと思いました。

そして、そう読むとジュリアンの複雑な心情が垣間見えるんですよね…


you nearly lost my heart
When will we know
when the change is gonna come
I've got a good feeling and
it's coming from the sun



あなたは私の心を拾おうとしてくれたのだろうか
そして、そうだとボクは悟ったから、あなたへの感情がきっと好意に変わっていったのだろう
夜明けの来ない朝はないんだ

from「Valotte」 by Julian Lennon






この歌には隠しようも無い父ジョンへの愛憎が投影されているのが感じられます…


ただ、心の中の真実はともかく曲自体のクオリティは高く、『Valotte』は商業的成功を収めます(シングル9位、アルバム17位:Billboard誌)。


しかし、どうしても世間の目はビジュアル的にも声質的にも似ているこのJr.を色眼鏡を通してしか判断できずに批評家筋の評価は芳しいものではありませんでした…


その後、3作ものアルバムを発表するもセールスは徐々に減少し、1991年から7年もの間、沈黙期間に入ってしまいます。


そして、98年に発表された『Photograph Smile』は吹っ切れたかのようなPOP SONGに溢れ、中にはビートルズ調の曲もいくつか聴けます。


批評家の評価も好意的なものがほとんどでした。ジュリアン自身も「これが僕のデビューアルバムだ」と述懐してます。


「Valotte」から14年、この時初めて、John Lennon Jr.では無い「己」としてのJulian Lennonが地に足をつけたのかもしれません。


音楽の他には… [スポーツ]

さて、今まで音楽のことを書いてきましたが、ちょっとここで趣向を変えて…

音楽以外に興味があるのが何か記してみよう…

以下に記すことは今までブログ上ではほとんど語ったことはなかったのですが、ボクも音楽以外に興味を示している普通の人間だと思って頂ければ幸いです(笑)

スポーツは観るのもするのも昔から大好きでした。

【実践編】 

中学・高校時代水泳部所属。専門種目は自由形です。

まあ、たいした成績は収められませんでしたが、高校当時で100m自由形のベストタイムで58秒でした。(現在の世界記録46秒91、日本記録48秒73)

大学時代スキー部。主にデモスキー主体でした。冬シーズンは試験休み中はとあるスキー場の宿泊施設に泊り込み、バイトをしながら、スキー三昧でした。ここ数年、スキーしていないので、次期シーズンには是非と思ってます。

テニス…社会人になって、友人と1年ほどスクールに通いました。その後、毎週、土日に都内のスポーツ施設を予約してはテニスに明け暮れてました。

【観戦編】 

プロ野球阪神タイガースのファンです(昭和55年~)。昭和55年~と何故覚えているかと言えば、王選手の引退の年からと記憶しているからです(笑)タイガースの選手で特に印象深いのは長崎啓二さんです。大洋から移籍してきて、独特のバッティングホームが魅力でした。1985年の日本シリーズでの満塁ホームランが記憶に鮮明です。今は鳥谷選手を特に応援してます。

テニス…今でもグランドスラム(全豪、全仏、全英、全米)は欠かさず観てます。

今までで特に好きだった選手は女子ではクリス・エバート・ロイド。この頃はまだマッケンローやベッカーなどのスター選手が現役でクリス・エバート選手については容姿から入った気がします[たらーっ(汗)]

481613730.jpg

男子ではアンドレ・アガシでした。

4636346.jpg

この頃は当時のスター選手:ピート・サンプラスに代表されるように『サーブ&ボレー』というプレースタイルが人気でした。が、ボクはグランドストロークという長いラリーの応酬にとても心惹かれました。また、世界一のリターナーと呼ばれたアガシが当時の並居るビッグサーバーが放つ200kmを超えるサービスを見事にダウンザラインにリターンエースを決めたところなど…鳥肌モノでした。

テニスも今はなかなか出来てないですね。。。また、いつか定期的にPLAYしたいのですが。。。

競馬…これは実は相当入れ込んでいた時期があります(笑)

初めて買った馬券は1992年菊花賞。当時、無敵を誇ったミホノブルボンを差し切り、見事、菊花賞馬となったライスシャワー。何も知らずに名前だけで単勝馬券を購入し、的中。ビギナーズラックというヤツです。

93rice01R.jpg

思い出の名馬です。

昔はオートバイに乗って、よく中山や東京競馬場に行きました。

あと、興味に拍車をかけたのが【ダービースタリオン】というゲームのおかげでした(笑)

516DMv%2BlsmL.jpg

当時は競走馬の血統に妙に詳しかったです…

このゲームは自分の育てた馬のコードを入力すると、それぞれの持ち寄った馬同士で一つのゲームソフト上でレースが出来たので、夜な夜な熱中したものでした。。。

今はなかなかそんな活動をすることは叶わず(笑)、音楽に関することのみ継続してますが…

また、折に触れて、他の興味深いことにも言及していけたらと思いますが、今回はここまでということで。。。

 


bobaについて② [自分のこと]

前の記事で物心ついて初めて聴いた音楽について話しましたが、次にボクの琴線に触れたモノは実は

クラシックでした♪

当時、ボクは父方の祖父母といわゆる二世代住居のようなところに住んでいたのですが、祖父の書斎によく侵入し、探検してました。

そこで見つけたのが…

「世界の音楽」

sekai05.jpg


という作曲家の伝記とその代表曲が収録されたソノシートが巻末にあった書籍でした。。。

sekai22.jpg

ボクはこの書籍を読み耽り、各々の作曲家の人生に想いを巡らせ、それぞれの紡ぎだす旋律に夢中になりました。

sekai21.jpg

まだ小学3年あたりだったと記憶してます。

自らを振り返れば…相当に変わった小学生かと。。。(苦笑)

主に交響曲や序曲などの荘厳な旋律が好みでした。

sekai24.jpg

この本はボクにたくさんのことを教えてくれました。

音楽とは…

人生とは…

歓びとは…

大袈裟かも知れませんが、それほどのモノをこの書籍から学んだと思います。。。

このころは近隣のレコード店に貯めた小遣いを持って、レコードを買いに行きました。

やはり、よく購入したのはドイツのグラモフォン・レーベルのLPで黄色いロゴが記憶に鮮明です[ひらめき]

グラモフォン ロゴ.jpg


さて、当時のお気に入りのひとつであるこの曲を今回は貼り付けます[手(パー)]

未完成交響曲





この動画は最後のほうでブツ切りされてますが、音質がいいので、引用させていただきました。


ちなみに未完成で一番好きな演奏はブルーノ・ワルター指揮によるものです。



冒頭部に聴かれる人生の夜明けのような感覚を連想するモチーフがとても刺激的です。そして、川のせせらぎのような優雅な調べ…そして、力強く駆け上がる鼓動を感じる。旋律の中に散りばめられている強弱のメリハリが絶妙です。



これとフランツ・リストの「前奏曲」とチャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲」は個人的なクラシックナンバーの不動のBest3です。

bobaについて① [自分のこと]

さて、So-net2件目の記事なのですが…

何を書きましょ?(苦笑)

まあ、bobaについて…とでもしましょうか。

と言っても自分が聴いてきた音楽のことに終始してしまうのですが。。。

物心ついたときに自分のソバにあった音楽はいわゆるアニメ・ヒーローものの主題歌・挿入歌…

今で言う【アニソン】です。

よく絵本と巻末に封入されたソノシートを家のステレオで聴いてました。

PLAYLOGでも最初に聴いた音楽については言及し、クラシックだの洋楽だの言いましたが、ボクの源流はココにありました(笑)

特に特撮モノが好きだったんです。

その中で今、思いついたお気に入りだった歌を次に紹介します。


マイティジャック

…円谷プロ製作。ウルトラセブンと帰ってきたウルトラマンのインターバルに放映。イントロのホーンセクションがかっこいいです(^^)/


カゲスター

…この番組、話の内容は全然覚えてないのですが、曲の展開が大好きです♪


マッハバロン

…この歌、いま改めて聴くと、T.REXみたいだ( ̄☐ ̄)!! レッド・バロンと悩みましたが(笑)歌ではこちらに軍配が上がりました(≧∇≦)

まあ、こんな感じで始まってしまいましたが、これからも聴いてきた音楽について、書いていけたらいいなぁと思ってます。


(追記)
今日日帰りで行った場所から臨むフジヤマです。
P1020655.jpg




nice!(31)  コメント(54)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PLAYLOG

よろしくお願いします。 [ご挨拶]

このたび、PLAYLOGの閉鎖に伴い、So-netに引っ越してきましたbobaと申します。

PLAYLOGは音楽SNSということもあって、その趣旨の通り、ほとんど音楽のことしか書いてませんでした(笑)


こちらでもそのスタンスは変わらないかと思いますが、たま~には日々の戯言も書いてみたいな…とおぼろげに思ってます。


聴いている音楽は多岐にわたりますが、基本的には1960年代~1980年代の洋楽がストライクです。

自分の心のラックにある音楽を少しずつ少しずつジュークボックスのように出していけたらと思ってます。


PLAYLOGでもたくさんの出会いがありましたが、こちらでも人、音楽を通じて、素晴らしい出会いが出来たら、嬉しいです。


これから、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>


それではご挨拶代わりに…


ボクの中のNo.1アーティスト、ビートルズの1stアルバム「Please Please Me」の1曲目から。。。

I Saw Her Standing There

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。